中国のチョコレートメーカーが分類と保管について語る

中国のチョコレートメーカーは、味と溶ける効果の違いを言います

中国市場で販売されているあらゆる種類のチョコレートの注目すべき特徴は、口にしか溶けず、手には溶けないことです。

さらに、技術レベルはカカオバターのより良い凝集を達成し、市場の売り上げの溶解を回避します。

中国の有名なチョコレートは、より優れたチョコレート発酵技術と温度制御能力を採用して、より高品質の味を保証します。これにより、より優れた溶解効果が保証されるだけでなく、独自の繊細な味も保証されます。

この速溶性チョコレートは、その溶解能力と味の点で中国で販売されているチョコレート製品とは大きく異なります。

チョコレート原料と加工技術の違い

原材料の選び方と品質は、このチョコレートの味に直接影響します。

より高い品質を確保するために、 中国のチョコレートメーカー カカオ豆を選別する際の前提として、より厳しい国際基準を採用します。

ハイエンドグレードを保証するだけでなく、研削の細かさやベーキング効果の向上も保証します。

この加工技術では、速溶チョコレートを前提として、国際的な先端技術レベルと外国の精密設備を採用し、この速溶チョコレートの粉砕効果を根本的に向上させています。

要約すると、チョコレート市場におけるチョコレート加工技術の継続的な改善により、多くの製品が多くの人々に認識されるようになりました。

インスタントチョコレートの味と保存も、味の特徴と加工方法によって、従来のチョコレートとは大きく異なります。

チョコレートを選ぶときは、インスタントチョコレートと伝統的なチョコレートを区別して、より繊細でおいしいチョコレートを選ぶ必要があります。

中国のチョコレートメーカーは、チョコレート原料の加工は主にチョコレートのコア成分であるカカオ豆を指すと示唆しています。

それで、カカオ豆を扱うときのポイントは何ですか?

温度、時間、焼き方の3点から把握する必要があります。

中国のチョコレートメーカー

適切な温度で、カカオ豆は色と香りを示します。

さらに、ベーキング時間は正確に制御する必要があります。チョコレート原料の加工時間が不十分だと、カカオ豆の水分が過剰になり、その後の皮むきがスムーズに行えなくなります。

また、原材料の品質や期待される効果に応じて、間接熱風加熱や直接器具との接触などの焼き方を選択しています。

中国のチョコレートメーカーが保管方法を言う

人々がコーヒー豆を買うとき、彼らはしばしばコーヒー豆をコーヒー豆の包装袋に保管する方法のヒントを見つけますが、チョコレートをチョコレートの包装に保管する方法をめったに見ません。

中国のチョコレートメーカーによると、チョコレート愛好家はしばらくの間チョコレートをたくさん買うかもしれませんが、短期間で完成することはありません。

その後、チョコレートが溶けていることに気付くかもしれませんが、実際には、いくつかのヒントを知っている限り、チョコレートを新鮮に保つのは非常に簡単です。ここにいくつかのチョコレートの保管方法があります。

冷蔵しないでください

自然にチョコレートを冷蔵庫に入れることもできますが、チョコレートは他のものの味を簡単に吸収します。

中国のチョコレートメーカーによると、他の食品の匂いはチョコレートに吸収され、チョコレートの味は純粋ではありません。

チョコレートは温度変動に非常に敏感です。

低温の冷蔵庫からチョコレートを取り出して暖かい部屋にさらすと、チョコレートのアイシングにつながります。

どうして?チョコレートの表面に水が付着すると、チョコレートの砂糖が上に浮いて溶けるからです。

中国のチョコレートメーカーによると、水が蒸発すると、チョコレートの表面に砂糖の結晶が残ります。これは一般にチョコレートの開花として知られています。

アイシングの沈殿はチョコレートの劣化ではありませんが、チョコレートの食感や味に影響を与えます。

涼しく乾燥した場所に保管

チョコレートは、乾燥した冷暗所に保管されます。理想的には、温度は15°Cから18°C(59°f-64°f)の間でなければなりません。温度が一定であることが重要です。

毎日のチョコレート保存に理想的な場所は、フードキャビネットの味のない密封された箱です。

密閉容器

チョコレートは密閉容器に入れ、臭いや湿気を避けて保管してください。チョコレートのカカオバターは、近くの物体の香りを簡単に吸収できます。

そのため、チョコレートをコーヒーと一緒に保管することは通常お勧めしません。一部のチョコレートバーには、再封可能なパッケージがあります。そうでない場合は、チョコレートを新鮮に保つためにジッパーバッグシールを使用することをお勧めします。

光に近づかないでください

自然または人工のあらゆる種類の光は、チョコレートの酸化につながります。さらに、直射日光はチョコレートを加熱して溶かす可能性があります。

これがチョコレートメーカーのロメオがチョコレートを保管する方法です。

コメントは締め切りました。