中国のマシュマロ工場はキャンディーを食べることの利点を要約しています

毎日キャンディーを食べることの小さな利点

エネルギーを補給する

中国のマシュマロ工場 砂糖はすぐにエネルギーを補給できると言います。たとえば、アスリートはスポーツの前に満腹になることはできないので、スポーツ中の通常のパフォーマンスを確保するために、砂糖を食べたり、甘い飲み物を飲んだりすることができます。

運動後は、砂糖を食べて体力をすばやく補うこともできます。

ほとんどの人にとって、私たちはプロのアスリートではありませんが、登山などの多くの運動も必要です。

中国のマシュマロ工場は、山に登るときにたくさんの食べ物を運ぶと、エネルギーをすぐに消費するだけだと言います。

お菓子を持ってきたほうがいいです。あなたが肉体的に引き込まれていると感じるとき、キャンディーを食べることはあなたの体力を補うことができます。

血糖値を補う

中国のマシュマロ工場によると、低血糖の人はめまいを感じやすく、手足が脱力し、重症の場合は失神することさえあります。

現時点で、迅速かつ効果的な方法は、低血糖を補うために口の中に砂糖を入れることです。

中国のマシュマロ工場によると、個人差により高血糖の人もいれば、長期の低血糖症の人もいます。通常、異常な血糖値を示さない人もいますが、食事をしないために一時的に血糖値を下げることがあります。

中国のマシュマロ工場によると、砂糖を食べる方法は一時的な低血糖症の人にのみ適用できるとのことです。長期の低血糖症の患者は食事療法を調整する必要があります。高血糖症の患者は二度とキャンディーを食べてはいけません。

中国のマシュマロ工場

中国のマシュマロ工場はキャンディーがとてもおいしいと言っています

ほとんどの子供たちはキャンディーがとても好きです。彼らにとって、キャンディーはおいしいです。

中国のマシュマロ工場によると、キャンディーは甘くておいしいですが、食べすぎると発達に影響します。砂糖を食べすぎると、虫歯、肥満、不注意、さらには低成長になりがちです。

母親は赤ちゃんの砂糖への愛情を心配することがよくあります。実際、子供にとって、すべてのキャンディーがそれほど致命的であるわけではありません。

赤ちゃんの最初の障壁が適切に選択されている限り、赤ちゃんは砂糖を食べます。

赤ちゃんはキャンディーに誘惑されやすいので、賢い母親はこれを使って赤ちゃんの砂糖消費量のバランスをとることができます。

中国のマシュマロ工場によると、赤ちゃんが上手くいくと、母親は赤ちゃんが礼儀正しくてよく食べるときなど、お菓子で赤ちゃんに報酬を与えることができます。

しかし、赤ちゃんのパフォーマンスが悪い場合、母親は砂糖を食べないように赤ちゃんを罰します。

中国のマシュマロ工場は、このようにして、赤ちゃんの砂糖消費を制限するだけでなく、何をすべきか、何をすべきでないかを知らせ、1つの石で2羽の鳥を殺すと言います。

赤ちゃんが1歳未満の場合は、キャンディーを食べないでください。歯が大きくなると少し食べられます。中国のマシュマロ工場は、キャンディーは砂糖を少なくし、硬すぎないようにする必要があると述べています。ソフトキャンディーを食べる。式を見てください。

食品添加物や防腐剤を含まないキャンディーを選択してください。子供用キャンディー、ミルクスティック、ミルクタブレット、チューインガム、無糖タブレットキャンディー、通常のメーカーが製造する子供用キャンディー、おもちゃのキャンディーを選択してください。

ウィキペディアからのマシュマロの説明

コメントは締め切りました。